身近な電気と学校の電気

講習概要

学習項目は、「電気工学の基礎」である。身近な電気を例に、それを理解するための大まかな道筋と計算方法等を学習し、道具としての応用数学や基礎的な物理学などと小中高校の各課程における数学と理科とのかかわりを理解する

履修認定対象職種 主な受講者(学校種,免許職種) 教科

講習内容

第1回 キルヒホッフの法則
第2回 電気回路の諸計算
第3回 交流回路
第4回 インダクタとキャパシタ
第5回 複素ベクトル表示
第6回 交流回路の計算例
第7回 交流電力

講師

居島 薫(山梨大学 工学部 准教授)

講習形態

  • 時間数:6時間
  • 対象地域:全国
  • 実施形態:インターネットを利用したe-Learning、1回は45分(小テスト込)
  • 修了認定の方法:筆記試験(試験時間は30分)

その他、連絡等

インターネットを通じて、パソコンで学習します。受講するためには、パソコンを所持し、インターネットを利用できる環境が必要です。インターネットが利用できるのであれば、受講時間、受講場所は問いません。いつでもどこでも学習できます。
具体的な学習方法等については、受講方法を参照してください。