音楽科授業の活性化に効果的な方策と使える指導スキル

講習概要

音楽科の場合,現実には学習指導要領の内容を限られた授業時間内に消化することが難しい。それにも拘わらず「費用対効果」の言葉の下,子ども達の目線でも分かる具体的な結果や成長を残すことが求められている。この解決のため,予め授業内容を整理した上で,ある程度システム化した指導・活動とともに,授業場面でも計画的臨機応変に対応できることが必要。その一助になるよう,各種方策を紹介する。

履修認定対象職種 主な受講者(学校種,免許職種) 教科
音楽

講習内容

第1回 音楽科授業で扱う内容の整理と音楽を教えることの確認
第2回 音楽の諸要素を「個人/集団」の指導形態で整理する
第3回 音楽の諸要素を教えるための授業の構造化
第4回 グループ内のコミュニケーション形成と教師の関わり方
第5回 音楽の活動でも「使える」コミュニケーション・スキル
第6回 音楽の活動でも「使える」コーチング・スキル
第7回 指導の実際

講師

新山王 政和(愛知教育大学 教育学部 教授)

講習形態

  • 時間数:6時間
  • 対象地域:全国
  • 実施形態:インターネットを利用したe-Learning、1回は45分(小テスト込)
  • 修了認定の方法:筆記試験(試験時間は30分)

その他、連絡等

インターネットを通じて、パソコンで学習します。受講するためには、パソコンを所持し、インターネットを利用できる環境が必要です。インターネットが利用できるのであれば、受講時間、受講場所は問いません。いつでもどこでも学習できます。
具体的な学習方法等については、受講方法を参照してください。