教育の情報化とICT活用

講習概要

21世紀をより良く生きるためには、情報及び情報技術を適切かつ効果的に活用して、問題を発見・解決する資質・能力の育成が求められている。
これに伴い学校や教員に、果たすべき新たな役割や資質能力の向上が期待されている。
本講習では教育の情報化における動向を踏まえ、3つの柱である「情報活用能力の育成」「教科指導におけるICT活用」「校務の情報化」について俯瞰するとともに、教育の情報化の効果的な活用法および指導力の向上を目指す。

履修認定対象職種 主な受講者(学校種,免許職種) 教科
-

講習内容

第1回 情報社会の進展と教育の情報化
第2回 情報活用能力の育成
第3回 教科等の指導におけるICT活用
第4回 学校における情報モラル教育
第5回 プログラミング教育の推進
第6回 特別支援教育におけるICT活用
第7回 校務の情報化及び教育の情報化に関する環境整備

講師

西野 和典(太成学院大学 経営学部 現代ビジネス学科 教授)
高橋 参吉(NPO法人 学習開発研究所 理事(代表))
西端 律子(畿央大学 教育学部 現代教育学科 教授)
山川 広人(公立千歳科学技術大学 理工学部情報システム工学科 専任講師)

講習形態

  • 時間数:6時間
  • 対象地域:全国
  • 実施形態:インターネットを利用したe-Learning、1回は45分(小テスト込)
  • 修了認定の方法:筆記試験(試験時間は30分)

その他、連絡等

インターネットを通じて、パソコンで学習します。受講するためには、パソコンを所持し、インターネットを利用できる環境が必要です。インターネットが利用できるのであれば、受講時間、受講場所は問いません。いつでもどこでも学習できます。
具体的な学習方法等については、受講方法を参照してください。