学校教育におけるデータサイエンス教育

講習概要

STEM人材の登用・社会からの要求により,データサイエンスに関わる新しい教育が必要になってきている。ここでは,データサイエンスの必要性やその内容,社会におけるデータサイエンティストの役割などについて紹介するとともに,小学校,中学校,高等学校等の学校教育における系統的なデータサイエンス教育を実施・普及していくためにはどのような視点が必要かについて考察する。 なお、本講習はオンデマンドで実施する。

履修認定対象職種 主な受講者(学校種,免許職種) 教科

講習内容

第1回 データサイエンスの必要性とその背景
第2回 データサイエンスを構成する内容 
第3回 社会におけるデータサイエンス
第4回 学校教育におけるデータサイエンス教育
第5回 データサイエンス教育の視点
第6回 データサイエンスを活用した教材(問題解決を通した定性的分析)
第7回 データサイエンスを活用した教材(問題解決を通した定量的分析)

講師

大谷 忠(東京学芸大学 教育学部教授)
金子 嘉宏(東京学芸大学 教育学部教授)
原口 るみ(東京学芸大学 研究員)

講習形態

  • 時間数:6時間
  • 対象地域:全国
  • 実施形態:インターネットを利用したe-Learning、1回は45分(小テスト込)
  • 修了認定の方法:筆記試験(試験時間は30分)

その他、連絡等

インターネットを通じて、パソコンで学習します。受講するためには、パソコンを所持し、インターネットを利用できる環境が必要です。インターネットが利用できるのであれば、受講時間、受講場所は問いません。いつでもどこでも学習できます。
具体的な学習方法等については、受講方法を参照してください。