基本的人権の保障と最高裁判決の動向

講習概要

本講習は、教職科目である「日本国憲法」の知識を最新のものにすることを目的とする。基本的人権に関する判例と主要な学説とともに、ここ10年ほどの間に最高裁判所が新しく出した判決(例:国籍法事件、空知太神社訴訟、非嫡出子相続分差別訴訟など)を取り上げ、基本的人権をめぐる最近の動向について学習する。近年、最高裁判所が積極的に違憲判断を行っている現状を知ることができる。

履修認定対象職種 主な受講者(学校種,免許職種) 教科

講習内容

第1回 基本的人権の理念と幸福追求権
第2回 法の下の平等
第3回 信教の自由と政教分離
第4回 表現の自由
第5回 経済的自由権
第6回 社会権
第7回 選挙権

講師

岩本 一郎(公立千歳科学技術大学 理工学部 非常勤講師)

講習形態

  • 時間数:6時間
  • 対象地域:全国
  • 実施形態:インターネットを利用したe-Learning、1回は45分(小テスト込)
  • 修了認定の方法:筆記試験(試験時間は30分)

その他、連絡等

インターネットを通じて、パソコンで学習します。受講するためには、パソコンを所持し、インターネットを利用できる環境が必要です。インターネットが利用できるのであれば、受講時間、受講場所は問いません。いつでもどこでも学習できます。
具体的な学習方法等については、受講方法を参照してください。