著作権や肖像権等を含む知財創造教育

講習概要

本講習では,主として,知的財産創造教育が求められる社会的な背景や社会の動向を考える活動を通して,次世代社会に必要な価値を創造する能力が必要であることを理解することができることを目指す。また、諸外国の内,イギリスの技術科教育の教育目標及び,教育内容,評価方法等を考える活動を通して,高次の学力の一つである創造性の育成と評価方法に関する知識を身に付けることができることを期待する。さらに,知財創造教育の国や地方の動向を考える活動を通して,知財創造教育が小・中・高等学校及び,高等専門学校へ推進していることへの理解を深める。

履修認定対象職種 主な受講者(学校種,免許職種) 教科

講習内容

第1回 知的財産創造教育が 求められる背景(1)
第2回 知的財産創造教育が 求められる背景(2)
第3回 創造性の教育 (イギリスの技術科教育)
第4回 創造性とSociety5.0との関係
第5回 知的財産(形のない価値)について
第6回 知的財産創造教育の推進体制
第7回 知的財産創造教育に基づく授業づくり

講師

磯部 征尊(愛知教育大学 教育学部 准教授)

講習形態

  • 時間数:6時間
  • 対象地域:全国
  • 実施形態:インターネットを利用したe-Learning、1回は45分(小テスト込)
  • 修了認定の方法:筆記試験(試験時間は30分)

その他、連絡等

インターネットを通じて、パソコンで学習します。受講するためには、パソコンを所持し、インターネットを利用できる環境が必要です。インターネットが利用できるのであれば、受講時間、受講場所は問いません。いつでもどこでも学習できます。
具体的な学習方法等については、受講方法を参照してください。