学校でしかできない不登校・いじめの未然防止

講習概要

不登校といじめの問題を取り上げ、その問題の未然防止を中心に教師が学校で行える指導の工夫、配慮事項について、教育相談の視点から講義を行います。不登校問題やいじめの問題の変遷を把握し、どのように現代の教育問題として深刻化してきたのかを理解します。その上で、それらの問題が生じる要因に着眼し、問題の早期発見と早期対応、未然防止のために、教師、学校に求められることを明確にします。

履修認定対象職種 主な受講者(学校種,免許職種) 教科

講習内容

第1回 長期欠席・不登校問題の変遷に見る学校不適応問題
第2回 不登校の形成要因
第3回 いじめ問題の現状と形成要因
第4回 不登校・いじめの早期発見・対応
第5回 いじめ被害の子ども不登校の子どもへの関わり方の基本
第6回 いじめ加害の子どもへの支援
第7回 不登校・いじめの未然防止のための教育とは

講師

小林 正幸(東京学芸大学 教育学部 教授)

講習形態

  • 時間数:6時間
  • 対象地域:全国
  • 実施形態:インターネットを利用したe-Learning、1回は45分(小テスト込)
  • 修了認定の方法:筆記試験(試験時間は30分)

その他、連絡等

インターネットを通じて、パソコンで学習します。受講するためには、パソコンを所持し、インターネットを利用できる環境が必要です。インターネットが利用できるのであれば、受講時間、受講場所は問いません。いつでもどこでも学習できます。
具体的な学習方法等については、受講方法を参照してください。